「アマゾンプライム」の最新情報をお届けする【あまぞんギーグス】はコチラから!!

『ONE PICE』 【Netflix】による実写ドラマ!

『ONE PICE』

”海賊王”に
俺はなる!!!

【制作】:トゥモロー・スタジオ
【原題】:『ONE PICE』
【配信開始】:2023年8月31日 独占配信開始
【話数】:全8話(シーズン1)
【年齢制限】:13歳以上
【おススメ度】:

【原作】
・『ONE PICE』

【原作者】
・尾田栄一郎

【製作総指揮】
・尾田栄一郎

脚本&エグゼクティブ・プロデューサー】
・マット・オーウェンズ
・スティーブン・マエダ

【撮影監督】
・ニコール・ハーシュ・ウィテカー

【キャスト】
・イニャキ・ゴドイ
・新田真剣佑
・エミリー・ラッド
・ジェイコブ・ロメロ・ギブソン
・タズ・スカイラー
・ピーター・ガディオット
・ラウド・リーベンベルク
・スティベル・マーク
・マイケル・ドーマン
・ヴィンセント・リーガン
・モーガン・デイヴィス
・アイダン・スコット
・ジェフ・ワード
・マッキンリー・ベルチャー3世

目次

『ONE PICE』とは

ONE PICE(ワンピース)』は2023年8月31日から「Netflix」にて独占配信が開始された「海賊アドベンチャードラマ」。

原作は1997年34号の『週刊少年ジャンプ(集英社)』から連載されている同名国民的海賊マンガ『ONE PICE(ワンピース)』。

『週刊少年ジャンプ(集英社)』の顔ともいえる存在で、日本の漫画では国内最高発行部数となる4億1000万部を突破し、漫画界において名実ともに日本一の人気と知名度を誇る作品です。

海外でも人気があり、全世界累計発行部数は5億1000万部を達成、”最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ” の名義でギネス世界記録に認定されています。

原作者は「尾田栄一郎(おだ えいいちろう)」先生で、本ドラマの製作総指揮も担当。

連載20周年記念企画の一環として2017年7月21日に実写ドラマ化することが発表され、実際の製作にはおよそ7年もの歳月をかけて紆余曲折ありながらも完成。

マンガの世界観を実写化するために不可欠であるCGなどのデジタル技術や、南アフリカやスペインなどの世界各地で撮影された実写化の製作費には少なくとも1億4400万ドル(約212億8000万円)が投入され、この金額は20年以上続いている原作のアニメシリーズにかかった製作費の総額よりも高額となったそうです。

(アニメシリーズよりもおよそ4000万ドル(約59億円)も高いとのこと。)

そんな苦労もあって配信が決定された際の「尾田栄一郎(おだ えいいちろう)」先生は、「この作品に一切の妥協はありません!!」と熱い思いを語っていました。

そのかいもあって、配信開始されるや2週連続で「Netflixグローバル(世界)ドラマランキング」1位を獲得。

世界93カ国でTOP10入りも果たし、続編の制作も決定されるほどの人気作となりました。

あらすじ

伝説の海賊王ゴール・D・ロジャーの遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡って、幾人もの海賊達が戦っていた大海賊時代。

偉大なる海賊・赤髪のシャンクスに憧れる少年ルフィは、シャンクスと海での再会を約束する。

それから数年後、成長したルフィは揺るがぬ夢を抱えたまま、海賊王を目指して大いなる旅に出る。

予測不能な冒険の中で、ルフィはゾロ、ナミ、ウソップ、サンジら信頼できる仲間たちと出会い、ひとつなぎの大秘宝を求めて大海原へ繰り出す。

FILMAGより引用

主な登場人物

モンキー・D・ルフィ

演 – イニャキ・ゴドイ
日本語声優 – 田中真弓

”海賊王”になることを夢みている明るい少年。

幼少のころに「ゴムゴムの実」を食べて、全身がゴムの「ゴム人間」となった。

子供の頃に赤髪のシャンクスから預かった「麦わら帽子」がトレードマーク。

ロロノア・ゾロ

演 – 新田真剣佑
日本語声優 – 中井和哉

“世界一の大剣豪”を目指す三刀流の剣士。

短く刈った緑色の頭髪、腹巻が特徴的。

ナミ

演 – エミリー・ラッド
日本語声優 – 岡村明美

”自分の目で見た世界中の海図を描くこと”を目標としている航海士。

オレンジ色の髪が特徴的な、才色兼備の美女。

ウソップ

演 – ジェイコブ・ロメロ・ギブソン
日本語声優 – 山口勝平

”勇敢なる海の戦士になること”を目指す狙撃手。

長鼻が特徴的。

サンジ

演 – タズ・スカイラー
日本語声優 – 平田広明

あらゆる魚が集まるという「オールブルー」を夢見るコック。

黒のスーツに、斜め分けの金髪が特徴的。

シャンクス

演 – ピーター・ガディオット
日本語声優 – 池田秀一

赤髪海賊団の大頭。

ルフィの恩人で尊敬する人物。

「赤髪」と「麦わら帽子」が特徴的だったが、「麦わら帽子」をルフィに預ける。

バギー

演 – ジェフ・ワード
日本語声優 – 千葉繁

「バギー海賊団」の船長。

ピエロのような顔立ちをした男で、異名は「道化のバギー」。

懸賞金は1500万ベリー。

クロ

演 – アレクサンダー・マニアティス
日本語声優 – 橋本晃一

「クロネコ海賊団」の初代船長。

元懸賞金1600万ベリー。

アーロン

演 – マッキンリー・ベルチャー3世
日本語声優 – 東地宏樹

「アーロン一味」の船長。

ノコギリザメの魚人で、懸賞金2000万ベリー。

人間を下等種族と見下す種族主義者。

モンキー・D・ガープ

演 – ヴィンセント・リーガン
日本語声優 – 中博史

「海軍本部」中将。

ルフィの祖父。

モーガン

演 – ラングレー・カークウッド
日本語声優 – 銀河万丈

「海軍第153支部」大佐。

ヘルメッポの父親。

異名は「斧手のモーガン」

コビー

演 – モーガン・デイヴィス
日本語声優 – 土井美加

「アルビダ海賊団」航海士兼雑用

ルフィが海に出て出会った最初の人物。

海軍将校になることが夢。

ヘルメッポ

演 – アイダン・スコット
日本語声優 – 永野広一

モーガンの息子。

親の七光りで支配下の町民に威張り散らす。

『ONE PICE』の評価や口コミまとめ

「Netflix」での評価

2週連続で「Netflixグローバル(世界)ドラマランキング」1位を獲得し、世界93カ国でTOP10入りするほど高評価です。

この高評価からシーズン2の制作も決定されました。

国内最大級のドラマレビューサイト 「Filmarks(フィルマークス)」での評価

「Filmarks(フィルマークス)」では、★4.0と高評価を獲得しています。(2023年9月現在)

原作ファンからの評価が高いです。

アメリカの評論サイト「Rotten Tomatoes」での評価

アメリカの評論サイト・「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」でも、批評家支持率86%、観客支持率95%という高スコアを獲得しています。(2023年9月現在)

海外でも面白いと評価されていますね。

Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」は、全米の様々な作家協会・映画評論家団体が承認したレビュアーによる各映画のレビュー。

一般人も参加することができ、作品ごとに「批評家支持率」と「観客支持率(一般)」のそれぞれのレビューを集計し、賛否の平均値を点数として掲出されています。

ちなみに名称である「Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)」とは”腐ったトマト”の意味を持ち、「ひどい演技や演出に怒った観客が腐ったトマトなどの野菜類を舞台へ投げつける」という、映画や小説でよく出てくる表現から名付けられました。

批評家支持率は「映画評論家」による評価。

細かく審査されており、厳しい評価がされることが多い。

Freshマーク
・Freshマーク『Certified Fresh(新鮮保証)』(最高評価)
肯定的レビュー75%以上でいくつかの基準を満たし評価の信頼性がある作品


フレッシュトマト
・赤いトマト『fresh(新鮮)』
肯定的レビュー60%以上


緑の腐ったトマト
・緑の腐ったトマト『rotten(腐敗)』
肯定的レビュー60%未満


灰色トマト
・白黒トマト
まだリリースされてないor評価が少ない

観客支持率は「一般人」による評価。

面白ければ、だいたい評価が高い。


満タンポップコーン
・満タンポップコーン(最高評価)
星3.5以上が60%以上


倒れたポップコーン
・倒れたポップコーン
星3.5以上が60%未満


白黒ポップコーン
・白黒ポップコーン
まだリリースされてないor評価が少ない

「だいちん」の評価

自分は原作ファンなのですが、けっこう良かったです。

なんといっても役者さんが見た目だけでなく、キャラクター性も原作そのままで、これぞ実写化ってかんじでしたね。

それに舞台やCGが豪華で、ワンピースの世界を忠実に再現していました。

ストーリーやキャラクターの設定がやや異なる部分はありますが、これはこれでドラマ版の面白さを感じれたので良い部分だと思いますね。

原作ファンからの評価も高いので、「ワンピース好きの方」も「そうでない方」も観てみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

運営者の「Daichin」と申します。

Netflix会員歴:3年

『Netflix』大好き人間です。

あらゆるエンターテイメント大好き人間でもあります。

今後ともヨロシク…。

コメント

コメントする

目次